インフルエンザ予防に舌みがき

舌苔は悪玉菌やウイルスたちのパラダイス。これからの季節、うがい・手洗いはもちろんのこと、舌みがきで、インフルエンザの予防も始めましょう。 PREMALタング・スクレーパーU(舌みがき専用器具)を使って …

続きをよむ>

薬草の宝庫コダチャドリ5/5

さて時を経て約1200年前のある吉日、アーディ・シャンカラは大女神ムーカンビカに供儀を捧げる場所として、コダチャドリの深い森を選び、瞑想を始めました。 するとそれに喜んだ大女神が御姿を現わし、シャンカ …

続きをよむ>

薬草の宝庫コダチャドリ4/5

それでも残虐な行為を続けた悪魔ムーカスラと、母なる女神ラクシュミとの間についに戦いが起こり、現在のコルールより24Km離れたマーラナ・ガートという場所で、母神ラクシュミはムーカスラを倒しました。降伏し …

続きをよむ>

薬草の宝庫コダチャドリ3/5

コダチャドリの麓、聖河サウパルニカ南岸の丘陵地帯にあるシュリー・ムーカンビカ寺院は、毎年数百万人の巡礼者が訪れます。寺院には、三位一体の至高神、及び、そのシャクティ(力)の現れとされる、大女神ムーカン …

続きをよむ>

薬草の宝庫コダチャドリ2/5

さて、ハヌマーンがラクシュマナを救うため、ドローナ・ギリを運んでいる途中、多種多様な植物が生い茂る、この山のかけらが、コダチャドリに落ちたため、コダチャドリは野生の薬草の宝庫となったと、地元では語り継 …

続きをよむ>

薬草の宝庫コダチャドリ1/5

インドはカルナータカ州、マンガロールより北方へ135Km、シュリー・ムーカンビカ(シュリー・コルール)という小さな村があります。背後には、コダチャドリの頂が迫り、聖なるサウパルニカ川が流れています。か …

続きをよむ>

そら豆のマッシュポテト&展開料理2/2

■展開①そら豆のポテトパイ1皿分 パイ皿に溶かしたギー(又はオイル)を塗る。春巻きの皮4枚を十字に4等分し、ギー(又はオイル)を塗りながら、皿に敷く。そら豆のマッシュドポテト(マッシュドポテト300g …

続きをよむ>

そら豆のマッシュポテト&展開料理1/2

基本のそら豆のマッシュポテト 基本のそら豆のマッシュドポテトじゃがいも・・大2個(マッシュドポテトにして300g)そら豆・・・・・・100g(ゆでて薄皮を除いて60gくらい)レモン汁・・・・・・・・・ …

続きをよむ>

女神ドゥルガと<アラリ>

インド原産の聖木キョウチクトウとして知られるアラリ。ヒンドゥー教の宗教儀式においてアラリを用いることは伝統であり、また一部の文化圏では、精神的・エネルギー的な浄化を目的として、アラリの花を使用していま …

続きをよむ>

ハヌマーンと<トゥルシー>5/5

また、ハヌマーン神の尾の中には、羅刹王ラーヴァナの企てた悪事から救済した、9つの惑星の神々おられます。 『ラーヴァナが世界を恐怖に陥れていた 時代、ラーヴァナはその力を用いて9つの惑星の神々を自らの足 …

続きをよむ>

ハヌマーンと<トゥルシー>4/5

聖仙ナーラダは、「ではラクシュマナを遣わすように」と言いましたが、ラーマは「わたしは光であり、ラクシュマナはわたしの影。二人は必ず一緒にいなければならない」と返答し、ハヌマーンに2人の悪魔を殺し、アヨ …

続きをよむ>

ハヌマーンと<トゥルシー>3/5

■『アナンタマンガラム・アンジャネーヤ(ハヌマーン)寺院』に伝わる神話の詳細をご紹介します。 ランカー(現在のスリランカ島)での戦闘で、ラーマがカンタアストラ(インドラ神から授かった棘の弓)を放ち、羅 …

続きをよむ>